• 日本オフィス

    080-8049-7788

    【受付時間】 9:00-18:00(日本時間)

    【ハワイオフィス】 1-808-888-0707

  • 無料相談フォーム

イーティングハウス1849 1周年記念メニュー

インターナショナル・マーケットプレイス内

「イーティングハウス1849」

1周年を祝うメニューを披露

ロイズ・ワイキキのシェフ経験を持つ

ジェイソン・ピールがカムバック!

 

ロイ・ヤマグチ経営のイーティングハウス1849の1周年記念パーティーが、インターナショナル・マーケットプレイス内の店舗にて9月27日に開催されました。パーティーでは、兼ねてはロイズ・ワイキキでシェフを務め、この度イーティングハウス1849のエグゼクティブシェフとして復帰したジェイソン・ピール氏の新メニューのお披露目も、1周年記念と合わせて盛大に祝われました。

 

 

ロイ・ヤマグチ氏とピール氏の関わりは、ピール氏がフード&ワイン・フェスティバルのシェフやカピオラニ・コミュニティーカレッジの調理プログラムの講師を務めていた当時から築かれてきました。そして彼の新メニューのハイライトは、メニューにハワイの地産の食材を使用していることです。

 

 

1周年記念パーティーでは、ロイズ・ハワイカイ店のリンジー・シモーン料理長、イーティングハウス1849カポレイコモンズ店のランディ・バングロイ料理長、ロイズ・ビーチハウスのラッセル・チュウ料理長、ロイズ・ワイキキ店のジェイソン・イチキ料理長、ロイズ・コオリナのダリル・シノギ料理長、そして新たにイーティングハウス1849インターナショナル・マーケットプレイスに就任したジェイソン・ピール料理長など、オアフ島内で展開するロイ・ヤマグチ氏の各レストランからシェフが集い、それぞれの食文化を映しだした自慢の一皿を披露しました。

<ジェイソン・ピール氏>

 

「シェフに求められる重要な要素は独創性があることだと私は考えています。創造性は素晴らしいひらめきを生み、そのひらめきが個性となって私たちのレストランの料理に活かされるのです。だから私はシェフたちの才能を封じ込めないようにしています」とロイ・ヤマグチ氏は言います。

 

ロイ・ヤマグチ氏はその素晴らしい統率力を発揮してこの日のために集まったシェフたちを指揮し、記念パーティーに訪れた300人以上に次々と料理のかずかずを振る舞いました。イーティングハウス1849では、古き良きハワイからインスピレーションを受けたプランテーション・クイジーンをご堪能いただけます。

 

<記念パーティーに並んだ料理の一例>

● ロイズ・ハワイカイ本店のリンジー・シモーン料理長による、コナ・カンパチ・カルパッチョのハワイアン・チリペッパー・サンバル、ナロファーム・ハーブサラダ添え
● ロイズ・ワイキキ店のジェイソン・イチキ料理長による、シー・オブ・フレームス・ロール(ズワイガニ、ハマチタルタル、チリアイオリ、ハラペーニョ)、インフェルノ・ロール(スパイシーツナ、アボカド、カイワレ、キュウリのゴマ醤油漬け)
●イーティングハウス1849カポレイコモンズ店のランディ・バングロイ料理長のチキン・エンパナーダのフィリピーノXO、自家製空心菜ピクルス添え
● タートルベイのロイズ・ビーチハウスから、ラッセル・チュウ料理長による、ピッグ・ニュートン(豚ハラミ、イチジクのバーボンラッカー、ノザワ・スイートコーンのハラペーニョ、クルティド添え)
● ロイズ・コオリナのダリル・シノギ料理長による、ビーフ・ショートリブ・ルアウ、椎茸ルアウ・ジュ、ロミ・クニア・トマトとエバ・オニオン、
● イーティングハウス1849インターナショナル・マーケットプレイス店のジェイソン・ピール料理長による、イーティングハウス・ポーク、ガーリック・アヒ・トースト、カンパオ・ロブスター&ダンプリング、タコの炙り焼き、コチュ醤ビーツ、カウアイ海老のパエリア、スモークド・アランチーニ、ミニEHバーガー、シトラスカスタードとスウィートポテト、パブロバのレモンカード添え

また、参加チケットおよび、ラッフルプライズ、ボーイズ&ガールズクラブ・オブ・ハワイ作のカクテル“グレートフューチャー”の収益は、BGCHへの寄付として寄贈されました。カクテルには梨とプレセッコ葡萄そしてブレイグース・ウォッカが使用されました。

 

■イーティングハウス1849について

イーティングハウス1849は、シェフとして数多の受賞経験に輝くパイオニアであり、ハワイの食のルーツに精通するロイ・ヤマグチ氏による新たなコンセプトを持つレストランです。イーティングハウスの店名は、1849年にピーター・フェルナンデスによりハワイの歴史上初となるレストランが築かれたことにちなんで付けられています。オアフ島のカポレイとカウアイ島ポイプにも店を持つイーティングハウスでは、昔ながらの料理に新たな味わいをブレンドさせ、移民の時代から受け継がれる昔ながらのに味わいに、モダンハワイを反映した新しいインスピレーションを加えた料理創りをコンセプトとしています。
詳細については www.eatinghouse1849.com をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP